文が書けないのは準備不足が原因

今月は、あまり書くネタがないので、文章が書けない理由を書きたいと思います。新聞記者やコラムニストが、記事やコラムを書くとき、「書く」ことが占める割合は20%に過ぎないと言います。残りの80%は書くための準備で、取材だったり、情報の収集と整理が大半。つまり、取材を終えて、どのポイントをどう書くか、構想がまとまった段階で、文章を書くという作業は、ほとんどが終了しているわけです。「そんなことはない。文章を書くのは大変だ!」という方、それは取材不足か、どうまとめるか整理不足です。ちなみに、広告デザイナーにも聞いてみました。デザインするとき、どういう手順で進めるか。やっぱり、原稿を見て、ここをタイトルにとか、ここは小さく流すとか、ある程度、レイアウトの構想を立ててからデザインに取り掛かっているそうです。取材、整理8割、書くは2割。デザイナーも、情報の整理8割、実際に手を動かすデザインは2割。そう考えると、今月は私、やっぱり日々のネタの取材不足のようです。※いやホントはあるんですよ、タバコをやめると宣言したけど、隠れて吸ってるとか…。

関連記事一覧