移住者の視点を活かして

初めまして。9月に中途入社しました齊藤です。自分の話をするのが得意ではありませんが、今回こういった機会を頂いたのでぶっちゃけて話していこうと思います。

私は東京の西部・小平市で生まれ育ちました。以前は東京でケータイキャリアのショップの窓口で、接客や販売などをしていて、2年前に研修で旭川に1年間滞在する機会がありました。それが初めての一人暮らし、初めての北海道暮らし、そして人生の大きな分岐点となりました。

実はその期間北海道を満喫しまくり(仕事もそこそこに?!)、北海道が大好きになってしまいました。海の幸が新鮮で、ジンギスカンはどこもハズレがなくおいしくて、まっすぐな道はドライブするのも爽快で最高!(冬道運転未経験ということはおいといて…)

都道府県別魅力度ランキングでは11年連続1位、移住したい都道府県ランキングでも上位3位に入る北海道の魅力にすっかりはまり、色々なご縁もありまして、移住しました。そして、「移住者だからこそ、旭川のことをよく知らないからこその感覚をむしろ武器にしちゃえばいい」という先輩の言葉を胸に頑張る決意をしました。

地元の方にとっては普段見慣れている美しい景色や「こんなところにあったの?」という郊外の飲食店など、ぜひ多くの人に教えたい、知らせたいと思う新鮮な発見の連続です。また、地方から来た人や旅行者などが何を求めているか、そんな視点も大切にしながらこの街の魅力を発信していきたいと思います。

全くの異なる業界への転職でしたので、毎日が刺激的で充実しています。1日でも早く皆様のお力になれるよう精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

(広告部 齊藤)

関連記事一覧